竹田和平氏保有銘柄と、アベノミクスによるインフレヘッジ - GetMoney!(ゲットマネー)で稼ぐ稼ぎ方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹田和平氏保有銘柄と、アベノミクスによるインフレヘッジ

アベノミクスがスタートし、本日は、日銀が予想を超える金融緩和を発表しました。

日本経済は、長引くデフレから脱却し、インフレに向かうのでしょうか。

株式市場では、日銀の金融緩和を好感し、日経平均株価は、200円を超える大幅上昇となりました。

また、外国為替市場では、一気に2円もの円安に振れました。

少なくともマーケットを見ている限りでは、いかにもインフレになりそうな雰囲気です。

さて、そこで問題になってくるのは、本当にインフレになってしまった場合です。

日用品の値段は上がり、貯金の価値は下がります。

これまでのデフレ状況では、貯金をしていれば、どんどんその価値は上がって行きましたが、インフレとなるとその逆になります。

ここで我々がとるべき対策は、インフレに弱い貯金の一部をインフレに強い株や不動産などの資産に変えることです。



とはいえ、不動産を買うには、大きな資金が必要ですので、なかなか現実的ではありません。

そこで、今回は株式を買うことにより、インフレのリスクヘッジを考えてみます。



私は、10年前くらいのITブームのときに、少し株をかじっており、その当時は、

「一休」「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」「ライブドア」「三菱自動車」

などの株をかなり短期で投機的に取引しておりました。


また、投資信託や外国為替などもやり、無知だった私は、当然のごとく、トータルで損をしました。


その後は、ネットビジネスに集中して取り組み、まったく株関係からは手を引いていました。


久しぶりに、株式というものに向き合うにあたって、同じ過ちを犯したくないので、大投資家といわれる竹田和平氏の書籍を読んでみました。


それは、

「花のタネは真夏に播くな ~日本一の大投資家・竹田和平が語る旦那的投資哲学~」

という本です。


お菓子会社を経営して成功し、株式の運用でも成功している投資家で、100社程度の上場企業の大株主となっている方です。


この本を読んで感じたことは、「私が10年前にやっていたことは、まったくもって、話にならない」ということです。


主要な指標も知らず、ただ面白そうというだけで、ただその会社を知っているというだけで、売り買いしていたのですから、結局は、トータルで損をしてしまうのも当然でした。


今回すばらしい本に出会い、具体的にどういった会社に投資すればいいのか、どういった心構えで投資すればいいのか、そういったことを知り得ましたので、いくつかご紹介します。


・会社四季報を読むだけで、投資すべき会社が分かる

・割安株に投資する

・配当性向の高い会社に投資する

・株主資本比率の高い会社に投資する

・売り上げが伸びている会社に投資する

・独立系の会社に投資する

・個人の大株主が多い会社に投資する

・下値に指値をいれてじっくり待つ

・5年保有するつもりで投資する


以上、このような観点からここ数日、会社四季報をスクリーニングしていましたところ、なんとか5社ほどに絞ることができました。

さらにここから、数日かけて、財務諸表をじっくり見てみます。

そして、じっくりと下値に指値をいれ、5年後を見据えながら、長期保有していく所存です。



最後に、竹田和平氏は自分と同じ株を買っても、同じタイミングで買えるわけではないから、意味ないよと言っていますが、参考までにいくつかご紹介します。

1841 サンユー建設
2349 (株)エヌアイデイ
2708 (株)久世
2710 (株)シーエスロジネット
2750 石光商事
...

なお、正確なところは、ご自身で会社四季報を確認してください。




   基本編 応用編 ツール編
1. GetMoneyとは 4. クレジットカード発行で稼ぐ 1. Yahoo!メール
2. 登録方法 5. FX口座開設で稼ぐ 2. 楽天銀行の口座
3. 効率のいい稼ぎ方 6. 証券口座開設で稼ぐ 3. ID管理ソフト
7. 保険見積もりで稼ぐ
8. キャッシングで稼ぐ
9. ローンで稼ぐ
10. 銀行口座開設で稼ぐ
11. ネットサービスで稼ぐ
12. レンタルで稼ぐ
13. 旅行で稼ぐ
14. ショッピングで稼ぐ
15. クーポンで稼ぐ
16. モニターで稼ぐ
17. ゲームで稼ぐ
18. ソーシャルゲームで稼ぐ
19. アンケートで稼ぐ
 
 
   番外編1 番外編2
1. げん玉とは 1. ヤフオク1
2. げん玉の登録方法 2. ヤフオク2
3. ネットショップ1
4. ネットショップ2
5. クレーム対応
6. よくある質問




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。